衣替えの季節に

6月に入り蒸し暑い日々…
衣替えの季節がやってきました。

人生の中で”制服”というものを
着ていたのは
中学校の3年間だけでした。
毎年6月1日が冬服から夏服への
衣替えの日と決まっていて
紺色のブレザー姿から
一斉に真白のシャツになるこの日が
大好きでした。

視力も良く、背も高い方だった私は
後ろの座席になることが多く、
クラス中の背中が真白く光る
この日をいつも圧巻の思いで
見つめていました。
小学校の頃、一緒に野原を駆け回っていた
男の子達の背がどんどん私を追い越してゆく。
そのすっとした白い背中が妙に眩しく見えて
まるで、蛹が突然に羽を広げて
蝶になるようだなぁ…
と、なんだかくすぐったい思いに
駆られるのでした。

なんだろう…このふわふわした
頼りない心の感じ。
甘酸っぱい飴玉が胸の内を
コロコロと不安げに転がり続けて
いるような。
だけど、確かに感じる
弾むような変容の予感。

風通しのよい教室の隅で、
手の内にあったものが、ふわり、と
離れてゆく刹那の寂しさを気づかぬふりをして、
自分も否応なしに蛹から蝶に
変わっていくような気がして
かすかなドキドキがいつも胸の内を揺らしていました。

今でも衣替えの季節になると
変容の過程にあった頃の胸の内を思い出します。
ふわふわと頼りなげな面持ちでいながら
あっさりと昨日の自分を超えてゆく躍動の瞬間。
歳を重ねた今でも大切にして生きてゆきたいと思います。

そんな衣替えの季節に
アーセンプレイスも
夏の日差しに向かって
助走し始めました。
営業時間やメニュー、季節のサービスなど、
今よりもさらに皆様に喜んで
頂けるよう思案中です。
楽しみにお待ち下さいませ。
(yumi.m)

blog2015_025