温めながら開いている。

秋谷店がクローズして
早くも2週間がたとうとしています。
小さな喪失感を抱えながら
片付け作業は続いています。
必要なもの、不必要なものを見極めながら
残したり、手放したりする作業は
なかなかエネルギーのいる仕事。
そのような中に身を置いていると

自分の身体や思考まで
浄化されていくようです。
どんどんすっきりとシンプルに
身軽になってゆく・・・
スペースができると新しい風が入ってきます。
そして目先の寂しさよりも
もっと遠いところに目を向けてゆく。
今までとは違う場所からお店のことを
眺め始める瞬間です。

それは、とてもクリエイティブな瞬間。
今までできなかったことをやってみる。
今までとは違う視点で物事を見てみる。
自分に許さなかったことを、許してみる。
カメラのレンズをフォーカスからパノラマへ
さぁっーと切り替えた時の、
視界の広がりに心が躍るように、
ふわり、と明るい兆しを感じています。
(ああ、片づけるって大切!)

同じことが逗子店でも起きていて、
店内もより一層愛のあるもので満ちて、
新しいメニューやテイクアウトも始まりました。

さて、そんな中、先日すがすがしい佳き日に
子安の里で地鎮祭が行われました。

blog2015_035

この地で働かせてもらえることに感謝して、
子安店もたくさんの方に愛されますように
お祈りしてまいりました。
さあ、いよいよ子安店オープンに向けて
スタートいたします。
続けてきたものを温めながら、
いつでも新しいことに開いている・・・
そんな風にありたいと思います。
(yumi.m)